1. ホーム
  2. 市民の皆様へ
  3. > 名古屋市医師会病診連携システム

医療関係者向け情報

医療職求人、就職サポート

看護師になりたい方へ

活動レポート

ヘルシー名古屋

ドクター'sギャラリー

臨床試験ネットワーク

地域産業保健センター

名古屋医師会急病センター

名古屋医師会看護専門学校

名古屋市医師会在宅医療・介護連携支援センター

名古屋市医師会病診連携システム

  1. かかりつけ医を持ちましょう
  2. 病診連携の仕組み
  3. なごや病診連携ネット

『かかりつけ医』(主治医)を持ちましょう!

かかりつけ医とは?

みなさんの日常的な診療や健康管理をしてくれる身近なお医者さんです。

かかりつけ医の役割は?

みなさんの健康状態や病歴などを把握した上で、様々な相談にも対応してくれるだけでなく、急に具合が悪くなっても適切で総合的な診断をして必要なときには病院を紹介してくれるなど、みなさんに合わせた最適な医療を提供してくれます。

住み慣れた場所で信頼して相談できるあなたの町のお医者さんを見つけ、より効果の高い治療が受けられるように、ぜひかかりつけ医をお持ちください。

病診連携の仕組み

かかりつけ医の診療で発見した病気について専門的な検査・治療等が必要であると判断される場合、その病気に対応した診療のできる入院設備や高度医療機器を備えた適切な病院をかかりつけ医が紹介してくれます。
その際、かかりつけ医が作成した紹介状※を紹介先の病院へ持参するよう促されます。紹介状には紹介先病院の担当医師がみなさんの病状を把握できるように、みなさんの病気について記載されていますので、紹介状を持参して診療するとスムーズに受診することができます。

※紹介状がない場合、200床以上の病院への受診には初診料・再診料とは別に厚生労働省が定める特定療養費が必要となる場合があります(500床以上の病院への受診には特定療養費の負担が義務化されています)。

その後、病院で検査や治療が行われ、病状が安定し、通院治療が可能になれば、再びかかりつけ医が診察にあたります。

このように病院と診療所(かかりつけ医)が相互に連携して患者のみなさんの症状に応じて必要な医療の提供を行う仕組みを「病診連携」と言います。
名古屋市医師会では、かかりつけ医と病院がスムーズに連携し、地域に根ざした医療を提供できる仕組みを目指し、『名古屋市医師会病診連携システム』を昭和60年12月1日から運用しています。

病診連携システム

名古屋市医師会病診連携システム関連病院

千種区 名古屋市立東部医療センター 東海病院
愛知県がんセンター中央病院  
東区 名古屋逓信病院 名古屋ハートセンター
北区 名古屋市立西部医療センター 総合上飯田第一病院
西区 愛知県済生会リハビリテーション病院 名鉄病院
中村区 名古屋第一赤十字病院 名古屋セントラル病院
中区 名城病院 NTT西日本東海病院
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 中日病院
昭和区 名古屋第二赤十字病院 聖霊病院
瑞穂区 名古屋市立大学病院  
熱田区 三菱名古屋病院 みなと医療生活協同組合協立総合病院
中川区 名古屋掖済会病院 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院
名古屋共立病院  
港区 臨港病院 独立行政法人労働者健康安全機構中部ろうさい病院
南区 独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院 医)宏潤会 大同病院
(医)笠寺病院  
緑区 名古屋市立緑市民病院 南医療生活協同組合南生協病院
名東区 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院  
天白区 名古屋記念病院  

なごや病診連携ネット

かかりつけ医の紹介で病院を受診されたみなさんの病状が安定した後は、再びかかりつけ医が診療にあたります。その際、かかりつけ医がみなさんの病状を充分に把握できるように病院での診療内容がかかりつけ医に送られます。最近では診療所のパソコンからでも病院の診療内容が閲覧できるようになりました。

名古屋市医師会は市内や近隣の病院とかかりつけ医がコンピュータで診療情報を共有するための『なごや病診連携ネット』を平成24年4月1日から運用しています。

なごや病診連携ネットでは、みなさんに十分ご理解いただき診療情報を共有するため、診療情報を閲覧するためのご同意書をいただいて運用しております。

なごや病診連携ネット

なごや病診連携ネット参加病院

北区 名古屋市立西部医療センター
中区 名城病院
昭和区 名古屋第二赤十字病院
中川区 名古屋掖済会病院
南区 中京病院

担当部署

情報・会員サービス課 情報・広報係