1. ホーム
  2. > 活動レポート(2014年度)

医療関係者向け情報

活動レポート

ヘルシー名古屋

ドクター'sギャラリー

名古屋医師会急病センター

はち丸在宅支援センター

臨床試験ネットワーク

地域産業保健センター

名古屋医師会看護専門学校

名古屋市医師会協同組合

活動レポート(2014年度)


第64代横綱 曙太郎さん が名古屋市医師会長を表敬訪問
2014年11月 6日 名古屋市医師会 役員室


 第64代横綱で現在は全日本プロレスの曙太郎さんがAEDの普及活動のため名古屋市医師会を表敬訪問されました。 曙さんは大相撲力士の時代、史上初の外国人横綱として一時代を築かれました。その後、平成15年にK-1に転向し、 平成17年から全日本でプロレスラーとしての活動をスタートしました。全日本プロレスは曙さんを中心にAED の普及活動にも力を入れており、 これからも積極的にプロレス会場やイベントなどでAEDの普及・啓発に努めていきたいとのことです。

出席者

 ・名古屋市医師会  
   会長:杉田洋一  
   理事:浅井富成  
・全日本プロレス  
  曙 太郎 さん  


~AED普及への思いや、曙さん自身の体験談などをお話しいただきました~

杉田:本日はお忙しい中、お越しいただきましてありがとうございます。名古屋市医師会会長の杉田です。
   よろしくお願いいたします。
 曙:全日本プロレスの曙太郎です。名古屋市医師会では我々と同じくAEDの普及活動をされていると伺い
   ました。本日はこのような機会を設けさせていただきありがとうございます。よろしくお願いいたし
   ます。
杉田:どうぞ、おかけください。
 曙:≪ソファーが大きく沈む≫
浅井:曙さん、今の体重は何キロありますか?
 曙:今は180キロないぐらいです。
浅井:だいぶスリムになられましたね(笑)
 曙:そうですね。
 
対談の様子

対談の様子

杉田会長と曙さん

杉田会長と曙さん

杉田:曙さんは、健康のことで気を使っていることはありますか?
 曙:ストレスをためないことです。ストレスをためることが一番体に悪いと思います。お酒をたくさん呑み、
   たばこもたくさん吸います!(笑)
杉田:かかりつけのお医者さんに注意されませんか?
 曙:8月頃に心房細動の手術をしましたが、心房細動を患っている間、防衛戦に出場し、復帰してすぐタイト
   ルマッチに出場しました。 その後、チャンピオンカーニバルにも出場しましたが、肺炎のため途中棄権
   し、その時は特に注意されました。
浅井:杉田会長、心房細動で試合をするのはどうですか?
杉田:それは勧められないです。
浅井:昔から慢性的な心房細動でしたか?
 曙:相撲時代から不整脈でした。
杉田:そうなんですね。ところで相撲時代と今は食べるものは変わりましたか?前はやはり「ちゃんこ」が多
   かったのでしょうか。
 曙:勘違いされることが多いのですが、「ちゃんこ」というのは相撲取りが相撲部屋で作ったすべての料理
   言うんです。「ちゃんこ」は相撲用語なんですよ。例えば「今日のおかずは何だ」を相撲用語で話すと
   「今日の“ちゃんこ”は何だ」と、こうなるわけです。食べるものが変わったというよりも食べる時間が変
   わりました。相撲時代は朝早くに稽古してからたくさん食べてましたが、今は試合後の遅い時間に食べる
   ことが増えました。あと、プロレスラーはみなさんプロテインを飲むことが多いです。 相撲取りは飲まな
   いですね。
浅井:相撲時代とプロレス時代、トレーニングはどちらが厳しかったですか?
 曙:もちろん相撲時代です。若い頃、上を目指していく時期が一番厳しかったです。ただ、相撲は短時間勝負
   ですが、プロレスの試合は10分~20分ほど行うので、プロレスの試合の長さに慣れるまで時間がかか
   りました。
曙さん

曙さん

曙さんと杉田会長と浅井理事

曙さんと杉田会長と浅井理事

浅井:生まれ変わったら相撲とプロレスどちらがやりたいですか?
 曙:もちろん相撲です!
杉田:本日、AEDの普及活動でお越し頂きましたが、どのような興味がありますか?
 曙:AEDにはお世話になっています。私は不整脈なので、突然、心停止した時にはAEDを使用しました。その
   時は大変助かりました。全日本プロレスでは、前回の名古屋大会からAEDの普及活動を行っています。
杉田:そうなんですね。皆さんは、目の前で人が倒れたら逃げ出したくなると思います。ですが先の事は考えず
   に「大丈夫ですか?」と声をかけるだけでもして欲しいと、呼びかけてほしいです。
 曙:はい。わかりました。私たちはAEDをトラックに積んで持ち運んでいますが、現在は、体育館などの各会
   場にも一つは設置されるようになりました。
浅井:コンビニにも設置されるようになっていますね。
 曙:そうですね、自動販売機にも設置されるようになり、徐々に普及はしています。しかし、めったに使うこ
   とがないので、いざという時のための練習や、心構えが必要なんです。一家に一台なんていう時代が来る
   かもしれませんね。
杉田:そうかもしれませんね。
 曙:AEDは一般の方でも購入できるんですか?
杉田:できます。1台およそ20~40万円です。
 曙:マイAEDはまだまだ気軽に持てないですね・・・・・。(笑)
杉田:そうですね。なので、これからも一緒にAEDの普及活動に努めていきましょう。
 曙:はい、是非ともよろしくお願いいたします。
杉田:本日は貴重なお時間をいただきまして本当にありがとうございました。
 曙:こちらこそありがとうございました。
 
曙さんと杉田会長

曙さんと杉田会長

曙さんのサイン

曙さんのサイン



~AEDの実演をしていただきました~

膝を痛めているため、立ったままで心臓マッサージをしていただきました。
AEDの実演

AEDの実演



~救急・防災フェスタ2014 -いざという時のために- ~
を開催いたしました。
平成26年 9月 6日 10時~16時 名古屋市医師会館


昨年に引き続き、市民向けイベント「救急・防災フェスタ2014」を名古屋市医師会館にて開催しました。 今回のイベントでは、一次救急医療施設としての名古屋市医師会急病センター、各区休日急病診療所、平日夜間急病センターの役割、名古屋市医師会における災害への取り組み、 環境・介護をテーマとした健康に関するコーナーなど、ご家族で楽しみながら学んでいただける内容とし、昨年を上回る2,433名の方々にお越しいただきました。本当にありがとうございます。

イベント会場の様子

イベント会場の様子

救急車の展示コーナー

救急車の展示コーナー

急病センターや災害に関する三択クイズ

急病センターや災害に関する三択クイズ

ドラえもんキャラクターショー

ドラえもんキャラクターショー

担当部署

担当部署:総務課 庶務係